どんぐりひろいとトンボ

天気がいいので子供達と広い芝生がある公園に行ってきました。

どんぐりの木がたくさんあって、子供たちは遊具で遊ぶよりもどんぐり拾いに夢中。

どんぐりっていろいろな大きさがあるんですね。小さめな細長い形のどんぐりはよく見かけるのですが、公園で見つけたどんぐりは2センチくらいあって太いとても大きいものでした。

どんぐり帽子がついているどんぐりを見つけると子供たちは大喜び。また、黄緑色のまだ若いどんぐりもとても綺麗なので一生懸命見つけていました。

そんなことをしていると、虫かごを持った男の子が近づいてきました。

その子はたくさんの虫を捕まえにきたみたいです。

とても人懐っこくて、前から友達だったみたいに接してきてくれました。

しばらく遊んだあと、自分のお母さんのところへ戻っていったのですが、うちの子たちはトンボを捕まえると、その子にあげたいと言ってプレゼントしに行きました。

少しあっただけなのに、虫を欲しがっていたからと言うことを思い出して、男の子にあげようと思うなんて偉いなーって感心してしまいました。

子供たちに見習えることがあるなあって思いました。車買取高額中古車査定のカウル君

息子の児童館デビュー

自宅の近くに新しく児童館ができたので、子供を連れて行ってきました。児童館は、汚くて古そうというイメージがあり、これまでに1度も行ったことがありませんでした。

でも、児童館でママ友と知り合えば、子供にも近所の友達ができるし、いつかは行かなければと思いながらも、先延ばしになってしまっていました。それが、今回の児童館デビューで、遂に念願を叶えることができたのです。

新しいだけあって、すごく近代的で綺麗な建物でした。色々な世代の子供たちが、楽しそうに遊んでおり、息子もすぐに馴染んでくれました。今は、昔のように子供の交流も簡単ではないので、もっと早くからこういったところへ連れて行ってあげれば良かったと思いました。

ボルダリングのスペースなんかもあったりして、今どきな感じだなと思いました。漫画も充実していて、子供にとっては、天国のような場所に感じたことと思います。

1週間に1回ペースくらいで、連れて行ってあげたいです。

1円パチンコに行く

午前中は皮膚科で加齢による黒子の削除の治療。

その後、コンビニでおにぎりを買う。それから、いつものパチンコ屋へ。

知り合いのおばちゃんが来た。私の隣で打ち始める。2人とも出ない。

今日は出さないねと。たちまち3千円飲み込まれる。

また突っ込む。やがて150回開店したら出てきた。おばさんは諦めて、違う台へ移動して行った。

私は少し積み重ね2500近く出した。

その後はピタリと止まってしまった。たちまち2500が飲み込まれれる。

今日は出さない日かも。

 

そこでベンチに坐って買ってきたおにぎりを食べる。

食べているのは私一人。

皆お昼抜きでがんばっている。

その後カウンターのそばのコーヒーの売店に行って、アイスコーヒーを注文する。

それを持って、またベンチに。ここで一服。

知り合いのおばさんがやってきた。

あれから3千発出したと。

いい加減の所でやめたらといったら、まだ元を取っていないから、がんばるのだと。

お大事にと。

 

今度は違う台にいく。

おばさんは本当に3千発出していた。ここから伸びないと、嘆いていた。

私は打ち出すも、上がらない。

また3千円近く飲まれた。

最後の200円残して出てきた。

そのままやっていると3千発になった。

その後は行ったり来たり。

3千発で諦めた。今日は出さない日だ。

こういう日は早く帰った方がいい。

3千円の損失だ。

まあ遊んだからいいかと諦めた。

 

隣の芝生は青く見える

幼い頃や、大学時代くらいまでは、周辺にいる友人達の環境というのは、さほど差がなかったように思います。

しかし、社会に出てみると、色々な人がいると感じました。そして、これまでの同級生も、既に結婚していて小学生の子供がいたり、アメリカでキャリアウーマンとして活躍している友人がいたり、婚活に励んでいる友人がいたり、人それぞれによって全く違う世界を生きています。

私は、結婚して0歳児を育てているという平凡な日常を送っています。だから、自由に生きている友人が、すごく羨ましくなってしまいます。

でも、そういう友人から見たら、私は結婚、出産が順調にいっているので、羨ましいそうです。結局、人間というのはない物ねだりなのだと思います。

ただ、現状に満足ばかりしていては、何も進歩がありません。こうなりたいという思いがあるからこそ、人は成長していくのだと思います。

私は、良き母そして良き妻になれるように、頑張っていきたいです。